カテゴリー別アーカイブ: おしらせ

IngressFSイベント準備は大変…キックオフミーティングの様子です

今回は相模原市で行われるIngressFSイベント「春よ来い!相模原Ingress豆まき!」(タイトル正式決定しました)の第3報をお送りします!
2015年1月25日のキックオフミーティングの様子、イベントの開催概要やエントリーフォームなどを共有いたします!

まずは開催告知から.イベントロゴいただきました!
Route 9さんありがとうございます!

2015-01-29

【開催概要】

開催日時:2015年2月7日(土) 10:00~15:00
集合場所:JR淵野辺駅改札「宇宙兄弟の看板」前
結果発表会場:相模原市立博物館
参加費:無料
 各自、お昼をはさみますので飲み物や軽食をご用意ください.
ブートキャンプ会場:鹿沼公園(予定)
雨天・荒天決行(予定)

イベントエントリーフォーム:http://j.mp/sgmFS0207
↑イベントに参加を希望する方はこちらのフォームからご登録お願いします!

【イベント主旨】
・本イベントはIngress公式「First Saturday」というクロスファクション(両陣営)イベントであり,青や緑といった陣営に関わらず,Ingress初心者を育成することを目的としています.
・Ingress始めた/始めたい,けどよく分からない人や,レベルを上げたいエージェントをIngress上級者達の支援により,一角のエージェントに育成します.

【注意事項】
・本イベントは,相模原市立博物館と神奈川工科大学情報学部情報メディ学科白井研究室の協働事業「スマ歩さがみはら」プロジェクト主催,有志団体「相模Ingress部」が実施しております.
・本フォームは事前登録エントリーであり,参加確定者にはメールでご連絡差し上げます.当日の飛び入り参加は基本的に受け付けておりません.
・イベント当日は記録写真の撮影を行い,Ingress公式および,相模Ingress部などWeb上に公開されます.
・ご登録いただいたメールアドレス等個人情報は主催者が本イベントのみの使用目的で責任をもって管理します.研究等に利用する場合は,個人を特定できない形で無許可で利用できるものとします.
・イベント当日の事故等に対する保険は加入しております(有事の際は詳細な個人情報の提供にご協力願います).一方で,イベント中の事故防止,交通法規等の遵守(会場である交通公園内も含む),迷惑行為(主観的な判断によるもの),ゲーム内の範疇を超えたエージェント活動に支障がある迷惑行為,および個人情報の管理は参加者各位でお願いいたします.
・同行者,特に未成年者の参加は妨げません,安全管理および撮影許諾管理をよろしくお願いいたします.Ingressの登録ルール上,13歳未満の単独参加はお断りしております.
・その他詳細,ご質問はTwitter(@ingressbu)にてお問い合わせください.ご回答は今後の共有のため,ブログ,各種SNSにてご共有させていただくことがございます.

これらの情報はイベントの公式URLでも公開されています。
詳細はこちらをご参照ください!
イベント公式URL:http://ingress.sagamiharacitymuseum.jp/ifsk-100-sagamihara/

以下、2015年1月30日のキックオフミーティングの議事録の公開です。

【キックオフミーティング議事録】

2015-01-29Kickoff
キックオフミーティングの様子

以下はキックオフミーティングの様子です。お集まりいただきありがとうございました!

2015/01/25 IngressFS議事録

淵野辺・「スペースカフェ銀河」
17:12開始 19:07終了
メンバー:小瀬,木村,白井,和尚,ろぜ,hirose,私です。,kuusuke,SANZAI,かず(?),fiveelememt, tosgeo

(議事録というより散文ですがすみません,雰囲気だけでも)

はじめに(白井先生)
初心者はG+を扱えない.よって公式は相模Ingress部のHPで.
スマ歩さがみはらから相模Ingress部までの歩み.
公園の使用許可といった面で,公共のメディアを利用する視点から委員会として,木村白井小瀬が立たせていただいている.
相模原市立博物館としてはコンセプトの似ているIngressを利用し,このコミュニティを大きくしていきたい.

・写真の問題
白井:最低限尊重はしたいが,Ingressの公式からすると,「顔を出してなんぼ」の世界。
顔を出しても大丈夫ですという人たちを集める方向で。

・木村
大枠を決めましょう。
タイトル
公園に使用許可を出す上で「誰が何をしたい」のかが重要
場所
具体的にどこで何時から
タイムスケジュール
詳細のスケジュール
エントリーの受付方法
5w1hをしっかりと。

・百人という規模が問題,
前回の反省として,飛び入りの参加者が多かった。
進行の理解が足りていなかったり,齟齬が生まれる。

・SANZAIさん
豆まき要素はあってもいい
若干の時差は許していただいて

・ポータルキー交換会は意外と楽しかった
12時間?程度で消える定め
「相模」と「Ingress豆まき」は残す

・ろぜ
まずはおいでというスタンスが必要
能書きはどうでもいいという所が初心者にはある
そこにいくと豆まきはいいと思う。

・タイトル「春よ来い!相模原Ingress豆まき」
市の広報に載せるには2ヶ月程度かかる
青山学院のパレードは広報がなくても人だかり

・FSはどこにいれるか。
初心者の参加を考えるとなくてもいい
ハッシュタグで付いていれば問題ない

・FSのコーディネーター視点から
しっかりした名前付けは他にはない
十分キャッチーではないでしょうか。

・200文字程度の概要が欲しい。
「Ingressを通して相模原の隠れた史跡名跡を見つけてみませんか。」
木村さん:当日あまりそういうことやりませんが(笑)

・コーヒータイムはどうするか
基本皆様に任せる
エージェントは話好きの人も多い
放っておいても話は進む
コーディネーターは一人で居る人たちへの声かけが大事
アイスブレイクの時間という認識で

・百人級をどこで集めるか
どういう形で午前をはじめるか

・スケジュール
公式WEBページベースで進めるか否か
受付に1時間
ブートキャンプ2時間
集計1時間
過去のFSはそんな感じ
千葉FSは案外参加者がすくなかった
Darsana東京の直前であったこと
京都は170人
初詣イベントの時の恐怖
横須賀のプレスリリース
CFに囲まれる。
FSやってる最中にやられはしないか心配
地域のコミュニティの反感を覚えた。
テロリズムのような攻撃
初心者育成のコンセプトのなかでそういったテロリズムはどうなのか
対策はどうするか
フィールドを貼らなくても遊べる仕組みとか
その心配はないかと思います。
相模原のチャットを見ると今のところない
別のコミュニティを置き去りにするとそういう動きが生まれる
相模原のポータルやリンクの密度を考えると囲むのは現実的ではない
コミュニティの人たちを巻き込む勢いで行こう
初心者にどんな姿を見せるのか
広域CFで囲まれるのはやっぱりない
AP稼ぎにはCF張るのが稼げる
青緑でラインを作って低レベルにわんこをさせてとにかくレベルを上げるか
今後を考えて多重CFレクチャーをしていくか
ふちのべIngress初詣の例
20分で2万程度わんこで稼げる
鹿沼公園は3ゾーンに別れていてそれぞれXMPL8バスターが届かないくらいのエリア

・前回の交流戦のように青緑混ざりあうか
同陣営の上級者に初心者が付いていくか
取り合いのメインは上級者
実績のある交流戦方式で
解説中でもぶっ放す人もいる
それはそれでプレイの幅の一つ

・FSランキングの意味は
京都の例で言えばFSで1位をとったからアノマリ-の開催地になったから
大河ドラマMISSIONSなど
MISSIONSのソムリエを相模Ingress部でやるべき

・地域の防犯パトロールをエージェントがあるような流れもある

・博物館の職員から民俗関係に強い人の街歩きイベントの取り上げ
そういった人たちにIngressに興味を持ってもらいたい
一番古いポータルは?
この石柱は世界でn本しかない。

・自転車を担いで山を登るような
・坂とか峠の看板がポータルになっているとハックしていく
ポータルが増えてきた
厚木/相模原の都会化
初心者からすれば心ときめく話だと語っていきたい
今後、相模原のIngressはこうなっていくか
相模Ingress部はボランティアサークルとして残っていく。
ボランティア連絡会に出たり
学びの収穫祭でIngressやってない人たちにもある程度繋がる話を
サイネージ展開
みんなが見ている相模原とIngressの相模原の違いを出していく
ボランティアのような形で続けていけるような人が居ればやりやすい

・場所は鹿沼公園で行こうと思う
相模原市立博物館は集計/発表(13:30~)
そこを考えると淵野辺,鹿沼公園からの二択
MISSIONSがとおったこと
タカラッシュというイベント
地元が舞台
宇宙兄弟とのコラボ
そのときのゴールも博物館
コースをMISSIONSにしておくと勝手に誘導されてくれる.
第二候補地としては淵野辺公園
ポータル数は少ない
ほかの地方では,自由行動としている
チームを組んでそれごとに行動する

・APを稼がないスタイルといった人たち
・記録写真
・写真問題はどうするか

学科長がプレイヤに
3月末の京都は時期的によくやるなという感じ
一般公開もほぼない
開催地の公表もない
「開催地は鹿沼/淵野辺公園」
ハングアウトの方ではテロリズム禁止
暖かく見守るように
初心者をびびらせないように

・場所
Ingressをやるだけならギリギリグレーでは?
結果的に占有になってしまう恐れがあるので許可をとるのが望ましい
百人単位の人間が淵野辺駅で降りて大丈夫なのか
通学者などが普段から利用しているレベルなので問題ない
人が集まって腕章や上着の統一された人たちが集まるのはデモになるのではないか
私有地での撮影はNG
公道はOK
スマ歩の実証実験という体で嘘もなく

・イベントページの参加者数は
リクエストを送っている人は100人以上居る
公式登録ページはあとでやりたい

・登録ページとして用意するにあたって
初心者の定義
何人くらい許容するか
レベル8でも初心者のような人たちもいる
現在のAPで切るか
自称初心者のようなラインをある程度残す
「公式はレベル7以下なのでそれにおもねる形で」

・ゴールの共有
Ingressはじめるならここ的な立場
ランキングをとりたいならここ的な立場か
広さが売り,万単位のMUは当たり前レベル
カルト化セクト化サロン化していくのを防ぐ

・エントリーシート
活動範囲を盛り込む
徒歩圏車圏
皆にばらさないほうがいい
女性とか特に
任意で聞く(はぐらかせるように)
チーム分けの視点からも近い人同士で組ませたほうがいい
コーヒーブレイクでも様子を見る
話したい人は話す
前回はラベルシールまとめる
名札的なもの
開始前のAPを書いて集計に使う
APの集計

・集計の仕組みを作る
公式のルール
終わったときにまた集める
集まったときにAP確認
結果発表の時にもう一度見せてもらう
前回の初詣をベースに
受付係と会場に向わせる役,
レベル7以下の人の気持ちになる
AndroidとiPhoneの始まりの違い

・ポータルの急増
町田は特に
厚木も急増中
相模原も増加
全く見たことの無いエージェントも現れる
新人の人たちが喜んでいる印象
新人の理解としては,アイテム使ったらなんか出た.なんだこれ?

・L8プレイヤだとこんなことできるんだ,見たいなことを見せてあげる時間を作る
調べれば見られるけど,そこに行くまでを支援するような
上級者にはこういうことを教えてあげてという指針を示す.
チームごとのやってることの違いをなくすべき
派手な画面を見せる
・HACKボタンを長押し
・レゾネーターは遠くから置こう
・攻撃するならレゾの真上に(威力は同心円状に減衰していく)
・攻撃していくレゾの基準(所持アイテム数/MODの有無/自分と相手のレベル)
・L4やL5はシールドが入ってたらスルーする
・シールド100以下ならやってみては/コモン一つならできる
・リンク本数によるシールドの増加には注意
・L3には厳しい
・中心からうつのは前提で
・ガーディアンポータルへのこだわりは誰もが越えなければいけない壁である
・狙って壊す人もいる
・オーナー名は気にするか?
・曰くつきなら気にする
・攻撃者は名前が通知される仕組み
・流行ってほしくないことは何か
・不審者がネタであるうちに
・相模Ingress部では
・関係のない人にやられたら嫌なことをしないこと
・一般市民の迷惑にならないように
・夜中に住宅地をうろついたり
・節度を持ってやる
・リンクアンプとはなんなのか
・「壊してくださいのサイン」として扱うものとする
・煽りになってしまうことも
・攻撃しなくてもIngressは遊べる(CF作る)←これは中上級者向け
・ペルソナは「レゾネーターは持っているが白いのに挿したことがないような人達」
・徒歩勢
・当日の配布物はやるなら今のうち

・自分達で律しているという姿をみせる
・歩きスマホは危険なことだと認識させる
・マナー面は決めることじゃないので考えてみようということです
・ゲームの中では許されても・・・
・「ルール/マナー/モラルを考えた時に手が止まることは振り返るべき」
・GPS偽装とか,複アカはNG
・複数人プレイ
・一つのアカウントを複数の人がやるのはNG
・別のファクションはだめ(win-tranding).
・ルールに違反している
・13歳以下のエージェントはいてはいけない
・白井先生の例は黙認レベル

・イベントは13歳以下でも不可ではない

・車の停め方

・言葉で言っても聞かない人はいる
地元のヤンキー風のひと

そろそろ時間
・エントリで書く
・用語集は初心者に必要なものに絞る
・HO/FS/FF/X8/A8/水抜き草刈/水やり/UPC/UPV多重/CF/MU/ランキングの仕組み/地域HO/IntelMap/
素人の参加できるコミュニティの用意
そういうのもあるよといった説明
・集合場所
・準備物
・スケジュールは原案通り
・上級者の人達と初心者2名程度のペアで
・HOでの宣伝

・朝10時前には淵野辺駅集合
・当日までのやりとりはハングアウト経由で

その後ハングアウトでも昼に夜に繰り返されております…一部を紹介すると

「公式ではなく公認ではないか」

公認も公式もOfficialですし,こちらにも掲載されておりますので…いまから差し替えるの本当に大変なのです…

https://www.ingress.com/events

 

以上です!
皆様とお会いできることを楽しみにしております!

相模Ingress部長 glolo

公式FSイベント第3報: 参加エントリー受付フォーム公開(速報版)

今回は相模原市で行われるIngressFSイベント「春よ来い!相模原Ingress豆まき!」(タイトル正式決定しました)の第3報をお送りします!
開催概要やイベントのエントリーフォームなど、公開いたします!

 

【開催概要】

開催日時:2015年2月7日(土) 10:00~15:00
集合場所:JR淵野辺駅改札「宇宙兄弟の看板」前
結果発表会場:相模原市立博物館
参加費:無料
 各自、お昼をはさみますので飲み物や軽食をご用意ください.
ブートキャンプ会場:鹿沼公園(予定)
雨天・荒天決行(予定)

イベントエントリーフォーム:http://j.mp/sgmFS0207
↑イベントに参加を希望する方はこちらのフォームからご登録お願いします!

【イベント趣旨および注意事項】
・本イベントはIngress公式「First Saturday」というクロスファクション(両陣営)イベントであり、青や緑といった陣営に関わらず,Ingress初心者を育成することを目的としています.
・本イベントは,相模原市立博物館と神奈川工科大学情報学部情報メディ学科白井研究室の協働事業「スマ歩さがみはら」プロジェクト主催,有志団体「相模Ingress部」が実施しております.
・本フォームは事前登録エントリーであり,参加確定者にはメールでご連絡差し上げます.当日の飛び入り参加は基本的に受け付けておりません.
・イベント当日は記録写真の撮影を行い,Ingress公式および,相模Ingress部などWeb上に公開されます.
・ご登録いただいたメールアドレス等個人情報は主催者が本イベントのみの使用目的で責任をもって管理します.研究等に利用する場合は,個人を特定できない形で無許可で利用できるものとします.
・イベント当日の事故等に対する保険は加入しております(有事の際は詳細な個人情報の提供にご協力願います).一方で,イベント中の事故防止,交通法規等の遵守(会場である交通公園内も含む),迷惑行為(主観的な判断によるもの),ゲーム内の範疇を超えたエージェント活動に支障がある迷惑行為,および個人情報の管理は参加者各位でお願いいたします.
・同行者,特に未成年者の参加は妨げません,安全管理および撮影許諾管理をよろしくお願いいたします.Ingressの登録ルール上,13歳未満の単独参加はお断りしております.
・その他詳細,ご質問はTwitter(@ingressbu)にてお問い合わせください.ご回答は今後の共有のため,ブログ,各種SNSにてご共有させていただくことがございます.

以上です!
皆様とお会いできることを楽しみにしております!

相模Ingress部長 glolo

公式FSイベント,第2報です

Ingress公式Cross Faction First Saturdayイベントに採択された「相模原Ingress豆まき~初心者育成競争~(仮)」ですがその後,一晩のハングアウト(HO)での交流や,関係者の準備により,無事開催する流れになりました。

相模Ingress部G+: http://goo.gl/jdm8ff

相模Ingress部G+内イベントページ: http://goo.gl/a2rA4p

※このイベントは仮登録・参加表明・交流用であり,実際のエントリーフォームは2015/1/25以降にこちらのページにて公開予定です.

http://ingress.sagamiharacitymuseum.jp/ifsk-100-sagamihara/

【仮の決定事項】

・2015/2/7 10時集合
・両陣営混ざった初心者育成イベント
・集合場所はJR横浜線の淵野辺駅を予定

【仮の日程】

10時~12時 受付・交流会
12時~14時 ブートキャンプ(新人育成)
14時~15時 集計・結果発表

運営スタッフHOにて行われた議事録を共有します.

・タイトル(未だ仮)
 「相模原Ingress豆まき~初心者育成競争~(仮)」 IFSK-100 #IngressFS
 Webアクセスログから分析すると「豆まき」で検索してくる人も居るようですのでアリでは
 「豆まき」は初心者育成として,せっかくなので種まき的な意味合いを込めたデザインで
 次の会場と事業内容とも関係すると思います.

・会場/事業内容

(実行委員会で調査・設定中)

・参加登録

 事務局側で先日開催された千葉でのFSを参考にGoogle Formでエントリーフォームを作ります.公開は(最速でも)週末~月曜予定.
 撮影許可や保険の扱いはチェックボックスで確認
 イベント登録時とAP集計時は別のフォームに登録する予定
 もちろん短縮URLやQRコードは用意します.

・集計方式
 事務局としてはGoogleフォームに集計係を複数人用意、スプレッドシートに自動集計がよいのでは
 バックアップとして前回の初詣イベントで使用した時のExcelを用意

・体制
 実行委員会(イベント主催者)
  スマ歩さがみはらプロジェクト(相模原市立博物館+神奈川工科大学白井研究室)
   博物館(担当 木村知之)公園利用申請等の市役所関連調整,博物解説.

  白井研究室
   小瀬由樹:Webサイトとツイッター/サイネージへの展開,登録者の個人情報管理
   白井准教授:Google本体との連絡,企画責任者,司会

 企画委員(各パートのディレクター)
    IngressFS企画パート(敬称略 G+/Agent名入り混じっておりますが,整理のため)
    担当:育成パートのルール設計,下見会への参加,実行委員会への要望取りまとめ

   青側の幹事:Miwa Komatsu
     スタッフ:kuusuke nyan,マスク・ド・和尚,Yoshiharu Hirose,tos geo
          緑側の幹事:新条拓那,RosenKnight(副幹事)
     スタッフ:shell,Hayabusa Itokawa,Phase6,KOBAYASHI Hideto,私です

  以下の担当,その他ご担当いただける方歓迎です

   ビジュアル(コンペした方がいいかも)
   グッズ配布の管理
   受付誘導
   記録(ブログ運営している人歓迎)

・当日のプログラム
 10時~12時 受付・交流会
 12時~14時 ブートキャンプ(新人育成)
 14時~15時 集計・結果発表
 上記をベースに進めていきますが,以下詳細
  第1部
   鹿沼公園や博物館でのトークライブ第2部から参加,などまだ可能性があると思いますのでこの部分の企画は引き続き募集中
  第2部
   前回のFSイベントを経験している方にそれを参考に進行役やグループ分け,ルール設計をお願いしたいところです.
   参考URL: http://ingress.sagamiharacitymuseum.jp/2015/01/03/event-hatumoude_rule/

  第3部
   司会は白井先生に任せたほうがいいと思います.前回は発表集計からスライドまでの流れがキツかったので,館内見学などのイベントが第2部と第3部の間に入ると落ち着いて運営できると思います。
   スライドの中に相模Ingress部の活動や卒論の紹介,今後の可能性など,共有させていただければ幸いです.
  記念写真を忘れずに.記念写真やショートインタビューへの協力も.

・ゴールの共有
 1.エージェントの顔合わせ(地域密着に力点を置きたい)
 2.博物(相模Ingress部)の活動の周知や今後の施策
 3.育成世界ランキング上位を目指す

今週末,1/25(日)淵野辺駅近辺でキックオフミーティングにて,下見をしたうえで,FS開催場所について決定する予定です.
よろしくお願いいたします.

小瀬が卒論でテンパってるなか,どうにか実現できそうです.
ご協力いただける皆さん,ありがとうございます!!

速報:相模Ingress部イベント第2弾「相模原Ingress豆まき~初心者育成競争~(仮)」 今度は公式! IFSK-100 #IngressFS

先日の初詣イベントも記憶にあたらしいところですが、はやくもイベント第2弾「相模原Ingress豆まき~初心者育成競争~(仮)」を開催する流れになりました。 (突き上げてくれた地元エージェント各位、ありがとうございます) 今度は公式Cross Faction First Saturdayイベントになりそうです! コードネームは「IFSK-100」、全世界で稼いだAPを競い合う育成イベントに相模原が乗り出ることになります。 現在、青緑両側の実行委員と参加希望者の先行受付を開始しています。 相模Ingress部のGoogle+ページから仮登録ください。 短縮URL http://goo.gl/a2rA4p 【仮の決定事項】 ・2015/2/7 10時集合 ・両陣営混ざった初心者育成イベント ・集合場所はJR横浜線の淵野辺駅を予定 【仮の日程】 10時~12時 受付・交流会 12時~14時 ブートキャンプ(新人育成) 14時~15時 集計・結果発表 【参加表明フォーマット】 ・エージェント名(任意) ・陣営/レベル(例:緑/A9) ・主な活動エリア ・ひとこと 詳細はこちらのURLで継続してお伝えいたします! http://ingress.sagamiharacitymuseum.jp/ifsk-100-sagamihara/

相模Ingress部 ふちのべIngress初詣レポート&アンケート結果発表

今回は2015年1月4日に行われた「ふちのべIngress初詣」のレポートを公開いたします!

といいつつも、 すでに参加者の方が書いてくださったレポートイベントにも協力していただいた学芸員の木村さんの速報記事が出ていたりします。ありがとうございます!
どうしても卒業論文優先なので、遅くなってしまい申し訳ありません。

ともあれ、まずは受付から。年始にも関わらず飛び入りで参加しに来てくださる方もいて、嬉しい誤算でした。

_ABE2688NIKON D4S (45mm, f/5, 1/125 sec, ISO1600)

鹿沼公園で行われたご挨拶交流戦では、飛び入りの参加者等も含めて事前に設定していたチーム編成を変更するなど、ドキドキの進行でしたが各チームそれぞれの作戦で鹿沼公園を焼き払っていたので戦況を見ている私も楽しめました。

_ABE2758
NIKON D4S (45mm, f/7.1, 1/3200 sec, ISO1600)
_ABE2759
NIKON D4S (32mm, f/7.1, 1/1250 sec, ISO1600)
_ABE2756NIKON D4S (60mm, f/7.1, 1/200 sec, ISO1600)

次のポイントは新田稲荷&呼ばわり山の初詣です。自分は司会の白井先生と学芸員の木村さんの解説、、、の裏で交流戦のポイント集計などをしていました。
スマホ片手に歩き回るグループと参拝するグループで分かれる光景はこのイベントならではだったのではないかと思います。

_ABE2800NIKON D4S (32mm, f/5.6, 1/2500 sec, ISO1600)

そして、ここでは一枚目の集合写真撮影も行いました!

_ABE2811NIKON D4S (32mm, f/6.3, 1/160 sec, ISO200)

JAXA見学では門前でちょっとした記念写真撮影会が始まるなど、テンションの高まりが感じられました。やはりSF的な世界観を持つIngressと宇宙との相性は抜群ということでしょうか。

_ABE2826
NIKON D4S (45mm, f/6.3, 1/80 sec, ISO400)
_ABE2836
NIKON D4S (28mm, f/6.3, 1/500 sec, ISO400)
_ABE2854NIKON D4S (70mm, f/2.8, 1/250 sec, ISO2000)

相模原市立博物館では会議室をお借りして、ポータルキー交換会や相模Ingress部についてのプレゼンを行ったり、クイズやアワード、自分の卒論のためにアンケートにご協力いただくなどなど、盛りだくさんでお送りさせていただきました。
Ingressを通じて普段博物館に足を運ばない層にご来館いただけたのはこのイベントの成果の一つでしょう。

_ABE2889
NIKON D4S (34mm, f/6.3, 1/125 sec, ISO500)
_ABA0811
NIKON D810 (70mm, f/2.8, 1/100 sec, ISO1600)
_ABA0856
NIKON D810 (200mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO1600)
 _ABE2902NIKON D4S (32mm, f/4.5, 1/60 sec, ISO1600)

最後は博物館にて参加者とスタッフ全員の記念写真で終了となりました。

_ABE3094NIKON D4S (29mm, f/5, 1/125 sec, ISO1600)

反省点も多々ありましたが、それを活かすためにも部活動の継続は考えていきたいところです…!卒論もガンバリマス。

イベント開催に辺り、ご協力いただいた神奈川工科大学の有志の皆さん、相模原市立博物館の皆さん、素晴らしい記録写真の数々を撮影していただいた阿部章仁さん、そしてなにより参加者の皆さん、本当にありがとうございました!

最後に、イベントでご協力いただいたアンケートの結果を共有いたします。

以上です!

(記者:相模Ingress部 部長 glolo)

Ingress初詣、無事終了。

「ふちのべIngress初詣」無事終了しました。 予定の10組を大幅に超えて、ご参加いただいた30名の皆様、ありがとうございました。 レポートは後日公開しますが、 博物館の木村さんが速報を書いてくださいましたので写真とともに紹介します。 http://www.sagami-portal.com/city/scmblog/archives/8293 なお、カメラマン阿部章仁さんに撮影していただいた、すべての写真はこちらのGoogle+コミュにあります。

IMG_7922.JPGApple iPhone 5s (4.15mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO40)


IMG_7923.JPGApple iPhone 5s (4.15mm, f/2.2, 1/1026 sec, ISO32)


IMG_7946.JPGApple iPhone 5s (4.15mm, f/2.2, 1/120 sec, ISO50)


IMG_7954.JPGApple iPhone 5s (4.15mm, f/2.2, 1/211 sec, ISO32)


IMG_7935.JPGApple iPhone 5s (4.15mm, f/2.2, 1/1642 sec, ISO32)


IMG_7963.JPGApple iPhone 5s (4.15mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO125)


IMG_7960.JPGApple iPhone 5s (4.15mm, f/2.2, 1/446 sec, ISO32)


IMG_7969.PNG

プレスリリース:相模原市でIngress初詣イベントを開催

件名:プレスリリース「相模原市でIngress初詣イベント開催」

概要:
2015年1月4日(日)に神奈川工科大学情報学部情報メディア学科白井研究室と相模原市立博物館スタッフを中心とする相模Ingress部が、
Googleの運営するスマートフォンと位置情報を利用したゲーム「Ingress(イングレス)」を使った地域交流イベントを開催します。

本文:
神奈川工科大学情報学部情報メディア学科白井研究室と相模原市立博物館は
協働事業「みんなでつくる相模原『知的探求散策アルバム』」(スマ歩!さがみはら)を推進してきました。

その活動の一環として、博物施設に足を運ぶ機会の少ない若い世代を対象に、
Ingressを絡めることで地域の再発見を目指してもらうことを目的として「相模Ingress部」を組織し、HPやTwitter等のSNSを中心に活動してきました。

この度、その活動の成果ワークショップとして、Ingressプレイヤー向けの初詣イベントを企画しました。
主に中高生などの若い世代や、家族連れに参加していただきたいと考えております。

貴メディアでのご発信をよろしくお願いいたします。

【企画名】

スマ歩さがみはら:ふちのべIngress初詣

【開催概要】

開催日時:2015年1月4日
 受付開始:12:30~
 開始:13:00~16時終了予定
 集合場所:
  JR淵野辺駅南口「宇宙兄弟の看板」前
参加費:無料

【申し込み方法】

 下記のイベントURLへアクセス、フォームより参加登録
  イベントURL:http://ingress.sagamiharacitymuseum.jp/event-hatumoude/
 ☆締切り:12月30日 23:59
 ★先着:10組程度(予定,たくさん集まると増加も検討します)
 ☆上級者には第一回相模Ingress部アワードも。
 ★両陣営を対象としたクロスファクションイベントです。

【内容】(予定)

1・ご挨拶交流戦

 両陣営を混ぜたクロスファクションイベントになります。
 上級者(L8以上)と初心者(L8以下)でチームを構成し、
指定時刻終了まで相模原市内の指定場所で指定ポータルを奪い合います。
 通常のプレイ要素に加えて初心者エージェントがどれだけ成長したかも評価します。
勝者にはトレーナーメダル(物理)をプレゼント。
 始めて会ったエージェント同士のコミュニケーション能力が試されます。

2・新春初詣Ingressツアー

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)を擁する相模原市淵野辺を舞台に、Ingressを使った初詣を行います。小惑星探査機「はやぶさ」が消息を絶った際、当時「はやぶさ」のリーダーを努めていた川口淳一郎JAXA教授が「発見祈願」に訪れた新田稲荷神社や、JAXA相模原キャンパス、相模Ingress部の本籍地である相模原市立博物館を訪問します。

3・第1回 賀詞ポータルキー交換会

 相模原市立博物館館内で、以下の催しを行います。
・ポータルキー交換会
・相模Ingress部とは
・相模Ingress部クイズ
「ポータル数が最も多い駅は?」、「この図を見て!多重CFいくつ張れる?」、「このポータルはどこにある?」
・第1回相模Ingress部アワード
 エージェントステータスから、優秀なエージェントを表彰します。
 UPVや歩行距離に加えて、動かんgress(XMリチャージ)など、個性的な賞を設定しています。
・最後は記念撮影

4・調査へのご協力お願い

 終了後、Ingressと地域の博物・史跡に関するアンケートにご協力お願いいたします。

IMG_5825.JPGApple iPhone 5s (4.15mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO100)

10246405_321697111344215_1929525855946094767_n

hatsumoude-signage-pressrelease

追加情報はTwitter、ブログ,各種SNSにて告知いたします。
Twitter: https://twitter.com/ingressbu
ブログ: http://ingress.sagamiharacitymuseum.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/ingressbu
Google+: http://goo.gl/v8rywZ

問い合わせ
 
 相模Ingress部メールアドレス: ingressbu at shirai.la (担当:小瀬)

イベントURL:
http://ingress.sagamiharacitymuseum.jp/event-hatumoude/

このリリースのURL: http://ingress.sagamiharacitymuseum.jp/2014/12/24/press-release

関連リンク

■相模Ingress部とは
■Ingressとは
■スマ歩さがみはら(活動記録・リンク集)
http://blog.shirai.la/projects/sumaho/
■相模原市立博物館